CATEGORY
商品登録一覧

TOP > お知らせ一覧 > プリント方法について

お役立ち 商品・製品 2022.04.06

プリント方法について

シナノテントでは製品に対してご希望に沿った名入れ・ロゴプリント加工を承っております。

製品素材に合った、適切なプリントをいたします。

こちらのページでは、プリント方法について解説していきます。

なお、プリントをご依頼される場合は、こちらの「ご注文の流れ」をご参照ください。

プリント方法の種類

当店にて主に取り扱っておりますプリント方法以下となります。

シルクスクリーン

シルクスクリーン

一般的には「シルクプリント」や「シルク印刷」とも呼ばれます。
絹(シルク)の型枠にインクを流し、ロゴや文字を生地などにプリントすることが由来となっているようです。
現在では型枠(スクリーン)を塩ビフィルムや樹脂で作ることが一般的です。

シルクスクリーンのメリット・デメリット

メリット
  1. 大量生産に向いている
  2. 多くの種類の生地に対応している
デメリット
  1. 型枠代が掛かるため、少数製作の場合は高くついてしまう
  2. 色数が多かったり、形が複雑な組み合わせのロゴの場合、型枠代が多く掛かることがある
  3. インクを乗せるという特性上、生地によっては表面に塗りムラができることがある

シルクスクリーン印刷の該当商品

  • 生地製品を大量ロットで生産する場合(イベントテントやチェアなど)

ダイレクトインクジェット印刷

ダイレクトインクジェット印刷

製品生地(メディア)に直接インクジェットプリンターにて印刷します。

ダイレクトインクジェット印刷のメリット・デメリット

メリット
  1. シルクスクリーン印刷と違い、色数を選ばない
  2. データさえあれば、型枠代(スクリーン代)が不要
  3. 写真など細かいデータの再現もできる
デメリット
  1. 擦れたり傷ついたりするとインク(デザイン)が剥がれてしまう
  2. イベントテント幕の場合は全面に出力する必要があるのでかなり高価になってしまう
  3. イベントテント幕に使える印刷対応メディアは重くて固いターポリン製が多い

ダイレクトインクジェット印刷の該当商品

  • イベントテントの耐久性幕(天幕・横幕など)のフルデザインタイプ

熱圧着プリント

熱圧着プリントト

ロゴ形状にカットしたシートを生地に直接プリントします。
糊付きの塩ビシートに熱を与えて糊を溶かしながら、圧力をかけて定着させます。

また、名入れや単色のロゴプリントの場合は、既製の無地シートを使用し、
フルカラーでのプリントの場合は、インクジェット印刷用のシートを使用します。

熱圧着プリント:既製シートのメリット・デメリット

メリット
  1. 発色が良く、シャープな印象のある仕上がりになる
  2. インクのように色ムラやにじみが発生しない
  3. 型枠代(スクリーン代)が不要な分、安価に仕上がる可能性がある
  4. インクジェット印刷用シートであれば、ロゴのグラデーションなど多彩な表現も可能
デメリット
  1. 細かいデザインの表現は全面印刷には劣る
  2. 圧力を掛けながら貼り付けるため、プレスした痕が付いてしまうこと
  3. プリント箇所数によっては高くつく場合がある

熱圧着プリントの該当商品

  • 既製生地製品(イベントテント、チェア、カバー類などのレギュラー・オーダータイプ)

昇華転写

昇華転写

「昇華プリント」はインクジェット印刷のように、テント全面にデザインを施したい場合の方法です。
プリンターを使うところは同じですが、印刷方法が違います。
インクジェット印刷のようにインクを生地に吹き付けるのではなく、転写シートに印刷したインクを、生地に染み込ませることで、生地の風合いを残しつつデザインを再現します。

昇華転写のメリット・デメリット

メリット
  1. 軽い100%ポリエステル生地にも印刷できる(インクジェット印刷ではできない)
  2. インクが生地に浸透しているため、自然で綺麗な仕上がりになる
  3. 生地表面が擦れてもインク(デザイン)が剥げにくい
デメリット
  1. 紫外線には弱く、経年で色が薄くなったり変色しやすい
  2. 全面デザインとなるので、比較的高価になりやすい

昇華転写の該当商品

  • ポリエステル・クロス生地素材(チェア・テーブルカバーのフルデザインタイプやスウィングバナーなど)

※予めご注意ください※

印刷機の特性上、画面上でご覧いただいている色味を完全に再現することは致しかねます。
また、印刷機の微妙な誤差により、リピートでのご注文の場合は前回同様の仕上がりが保証いたしかねます。
何卒ご了承くださいませ。
※同じ用紙(素材)の印刷でも商品やサイズによって印刷機械が異なります。それに伴い同一データであっても印刷時の色味に若干の違いが表れることがございます。予めご了承くださいませ。

TOP  >  お知らせ一覧

お役立ち 商品・製品 2022.04.06

プリント方法について

シナノテントでは製品に対してご希望に沿った名入れ・ロゴプリント加工を承っております。

製品素材に合った、適切なプリントをいたします。

こちらのページでは、プリント方法について解説していきます。

なお、プリントをご依頼される場合は、こちらの「ご注文の流れ」をご参照ください。

プリント方法の種類

当店にて主に取り扱っておりますプリント方法以下となります。

シルクスクリーン

シルクスクリーン

一般的には「シルクプリント」や「シルク印刷」とも呼ばれます。
絹(シルク)の型枠にインクを流し、ロゴや文字を生地などにプリントすることが由来となっているようです。
現在では型枠(スクリーン)を塩ビフィルムや樹脂で作ることが一般的です。

シルクスクリーンのメリット・デメリット

メリット
  1. 大量生産に向いている
  2. 多くの種類の生地に対応している
デメリット
  1. 型枠代が掛かるため、少数製作の場合は高くついてしまう
  2. 色数が多かったり、形が複雑な組み合わせのロゴの場合、型枠代が多く掛かることがある
  3. インクを乗せるという特性上、生地によっては表面に塗りムラができることがある

シルクスクリーン印刷の該当商品

  • 生地製品を大量ロットで生産する場合(イベントテントやチェアなど)

ダイレクトインクジェット印刷

ダイレクトインクジェット印刷

製品生地(メディア)に直接インクジェットプリンターにて印刷します。

ダイレクトインクジェット印刷のメリット・デメリット

メリット
  1. シルクスクリーン印刷と違い、色数を選ばない
  2. データさえあれば、型枠代(スクリーン代)が不要
  3. 写真など細かいデータの再現もできる
デメリット
  1. 擦れたり傷ついたりするとインク(デザイン)が剥がれてしまう
  2. イベントテント幕の場合は全面に出力する必要があるのでかなり高価になってしまう
  3. イベントテント幕に使える印刷対応メディアは重くて固いターポリン製が多い

ダイレクトインクジェット印刷の該当商品

  • イベントテントの耐久性幕(天幕・横幕など)のフルデザインタイプ

熱圧着プリント

熱圧着プリントト

ロゴ形状にカットしたシートを生地に直接プリントします。
糊付きの塩ビシートに熱を与えて糊を溶かしながら、圧力をかけて定着させます。

また、名入れや単色のロゴプリントの場合は、既製の無地シートを使用し、
フルカラーでのプリントの場合は、インクジェット印刷用のシートを使用します。

熱圧着プリント:既製シートのメリット・デメリット

メリット
  1. 発色が良く、シャープな印象のある仕上がりになる
  2. インクのように色ムラやにじみが発生しない
  3. 型枠代(スクリーン代)が不要な分、安価に仕上がる可能性がある
  4. インクジェット印刷用シートであれば、ロゴのグラデーションなど多彩な表現も可能
デメリット
  1. 細かいデザインの表現は全面印刷には劣る
  2. 圧力を掛けながら貼り付けるため、プレスした痕が付いてしまうこと
  3. プリント箇所数によっては高くつく場合がある

熱圧着プリントの該当商品

  • 既製生地製品(イベントテント、チェア、カバー類などのレギュラー・オーダータイプ)

昇華転写

昇華転写

「昇華プリント」はインクジェット印刷のように、テント全面にデザインを施したい場合の方法です。
プリンターを使うところは同じですが、印刷方法が違います。
インクジェット印刷のようにインクを生地に吹き付けるのではなく、転写シートに印刷したインクを、生地に染み込ませることで、生地の風合いを残しつつデザインを再現します。

昇華転写のメリット・デメリット

メリット
  1. 軽い100%ポリエステル生地にも印刷できる(インクジェット印刷ではできない)
  2. インクが生地に浸透しているため、自然で綺麗な仕上がりになる
  3. 生地表面が擦れてもインク(デザイン)が剥げにくい
デメリット
  1. 紫外線には弱く、経年で色が薄くなったり変色しやすい
  2. 全面デザインとなるので、比較的高価になりやすい

昇華転写の該当商品

  • ポリエステル・クロス生地素材(チェア・テーブルカバーのフルデザインタイプやスウィングバナーなど)

※予めご注意ください※

印刷機の特性上、画面上でご覧いただいている色味を完全に再現することは致しかねます。
また、印刷機の微妙な誤差により、リピートでのご注文の場合は前回同様の仕上がりが保証いたしかねます。
何卒ご了承くださいませ。
※同じ用紙(素材)の印刷でも商品やサイズによって印刷機械が異なります。それに伴い同一データであっても印刷時の色味に若干の違いが表れることがございます。予めご了承くださいませ。

お支払いについてアイコン

お支払い方法について

次の決済方法をご利用いただけます。
・銀行前振込み
・クレジット決済
・請求書払い

配送についてアイコン

配送・送料について

できるだけ早いお届けを心がけておりますが、注文状況により発送が遅くなる場合もございます。
お荷物到着日に関しましては当店からのメールでお確かめ下さい。

返品交換についてアイコン

返品・交換について

お客様のご都合による返品は、 到着から1週間以内に申告された未開封・未使⽤のものに限らせていただきます。

お支払いについてアイコン

お支払い方法について

次の決済方法をご利用いただけます。
・銀行前振込み ・クレジット決済 ・請求書払い

配送についてアイコン

配送・送料について

できるだけ早いお届けを心がけておりますが、注文状況により発送が遅くなる場合もございます。
お荷物到着日に関しましては当店からのメールでお確かめ下さい。

返品交換についてアイコン

返品・交換について

お客様のご都合による返品は、到着から1週間以内に申告された未開封・未使⽤のものに限らせていただきます。